DDoSの脅威の状況は、近年どのように変化しているのでしょうか。 このDDoS攻撃の急激な増加や巧妙化は、企業にどのような影響を及ぼし、実際に何が起こっているのでしょうか。
この変化から何を学ぶことができるのでしょうか。DDoS攻撃から、自社を、そしてビジネスを守ることができるでしょうか?
米A10 NetworksはIDG Connectに委託し、DDoS攻撃の進化について真実を明らかにする調査を実施しました。


このレポートは2018年に発生した分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の傾向に焦点を合わせた研究結果をまとめたものです。
こちらから、レポートの完全版をダウンロードいただけます(英語)


<本資料の概要>
1.調査概要
2.一つ以上の深刻な攻撃
3.サイズが大幅に増加
4.複数のデータセンター:ターゲットが豊富な環境
5.UDP Flood攻撃が依然として多い
6.ダウンタイムの影響を測定する
7.より良い保護を達成するための障害
8.オンプレミスアプライアンス:推奨されるソリューション
9.現在のソリューションは非常に効果的
10.効果的な防御環境を提供することは継続的な課題
11.多くが変更に前向き
12.オートメーションがリストのトップに
13.スピードの必要性
14.セキュリティ予算が24%アップ
15.DDoS対策の責任のありか
16.調査について



*登録フォームよりお客様の情報をご登録いただくことで、資料がご覧いただけます。
*このフォームを送信することにより、A10ネットワークスの個人情報の取り扱い(プライバシーポリシー)に同意したことになります。

お客様の情報をご入力ください。

A10ネットワークスのプライバシーポリシーはに関する内容は、こちらをご覧ください。