アプリケーションインフラストラクチャーをクラウドに移行する際、組織ではアプリケーションネットワーキングに関して把握しているすべてのことを再検討する必要があります。

固定的で単機能なアプライアンスを使用した従来のネットワークアーキテクチャーでは、クラウドコンピューティングのメリットを実現できません。クラウドコンピューティングや、絶え間ないアプリケーション導入、大規模ネットワーキング、モビリティ、ビッグデータなどの取り組みには、そのいずれにも自動化が必要となります。

また、自動化には、プログラマビリティ(プログラム可能であること)が必要となります。


このホワイトペーパーでは、ネットワーキングの傾向を分析し、プログラマビリティがいかにして俊敏性、スケーラビリティ、およびセキュリティを向上して新時代のアプリケーション配信を実現しているのかを説明します。

API 主導型フレームワークによって、DevOpsチームがいかにしてアプリケーション配信とSDN(Software-Defined Network)を迅速に統合し、ネットワーク機能仮想化(NFV)をサポートできるのかを説明します。

また、A10 Harmony™ アーキテクチャーの概要を紹介し、このアーキテクチャーがアプリケーションネットワーキングを再定義するのにいかに適しているのかを説明します。

お客様の情報をご入力ください。