データセンターやネットワーク事業者が、分散型サービス拒否(DDoS) 攻撃の頻度と規模の拡大に悩まされています。現在、ほぼすべての企業はオンラインサービスに大きく依存しており、サービスの可用性は 増え続けるDDoS 攻撃によって危険にさらされています。今日のDDoS 攻撃は、頻度、規模、深刻さ、巧妙さなど、さまざまな 点で拡大し、企業の担当者を悩ませています。

DDoS 攻撃には多くの要素が関係し、それらの対策も数多くありますが、これらには 1つの共通点があります。それは、大規模なゾンビネットワークやボットネットが送信するトラフィックの1秒あたりのパケット数は大量であるということです。このような 大規模なボットネットから防御するには、同じように強力なツールが必要です。

本資料では、今どのようなDDoS攻撃が問題となっているのか、また、対策のためのヒントをご紹介します。

 

お客様の情報をご入力ください。