このホワイトペーパーは、ネットワークリソースを消費するDDoS(分散型サービス 拒否)攻撃からの防御を担当するセキュリティとネットワーキングのご担当者様に最適な資料です。

本書では、現在のDDoSの脅威を定義して分類化し、攻撃が実行される際に使用されるツールキット、アプリケーション、そしてサービスについて例を示しながら説明し、それに対する防御のためにA10が提供できるソリューションの詳細をご紹介します。


概要

DDoS 攻撃は、年間 50% 以上の割合で増加を続けています。

まだオンラインの境界でこの攻撃を受けていない企業も、それ ほど遠くない将来、受けることになるでしょう。いたずら、ハクティビズム、復讐、サイバー犯罪、サイバースパイなど、すべて のインターネットサイトとサービスには攻撃を受けるリスクがあります。

DDoS 攻撃の標的の半数は、DDoS 攻撃から派生した 「偽装行為」によって、金銭、顧客データ、あるいは知的財産を盗まれています。 攻撃はニュースで取り上げられ、アノニマス、LulzSec、Lizard Squadなどのハッカー集団はセレブと同じくらい有名になってい ます。攻撃の最大の標的は大企業ですが、メディア、エンターテイメント、政府機関など、有名な組織の被害もよく耳にします。

報道されませんが、毎日数千者の企業が攻撃にさらされています。Incapsula が委託した調査によると、回答者の 45%はこ の1年間で DDoS 攻撃を受けたと回答し、社員数 500人以上の組織がより攻撃の標的になりやすい傾向がありました。回 答者の概算によると、DDoS 攻撃が成功すると1時間あたり5,000ドルから10 万ドル、平均で 4 万ドルのコストが発生します。

DDoS 攻撃を受けた組織は、顧客の信頼の喪失や偽装行為など、経済的な被害以外の被害にも対応しなければなりません。 攻撃がこれまでにないほど簡単になったことにより、すべての企業が標的になるリスクを負っています。

攻撃者像も明らかに 変化しています。DDoS 攻撃はもはやネットワークのエキスパートだけのものではなく、一般市民が恨みを晴らす目的でも実行できるようになりました。


お客様の情報をご入力ください。