この資料は、情報システム及びセキュリティ担当者1023名を対象に、SSLの利用拡大がサイバー攻撃の増加につながっているかどうかを調査したセキュリティレポートです。


SSLを悪用した攻撃を実際に受けた企業の割合や、SSLトラフィックの増加の見込み、企業がSSLトラフィックを復号しない理由などをまとめています。


本資料は、SSLトラフィックの検査の必要性を検討中の情報システム、セキュリティ担当者に最適な資料です。

お客様の情報をご入力ください。