暗号化トラフィックはネットワークトラフィック全体のかなりの割合を占めており、さらに増加を続けています。

暗号化により秘匿性を高められる一方で、ハッカーは暗号化を利用して、SSLトラフィックの検査を行わないセキュリティデバイスへの攻撃を隠匿できるのです。

本資料では、SSL 検査プラットフォームを評価する際に組織が考慮すべき5つの機能について説明します。

この脅威はどれほど深刻なのでしょうか。最近の Gartner の調査によると、「受信ま たは送信 SSLトラフィックの復号化を行っているのは、ファイアウォール、侵入防止 システム(IPS)、または統合脅威管理(UTM)アプライアンスを利用する企業の20% 未満」です1 。つまり、暗号化トラフィックによって攻撃をトンネリングするだけで、 ハッカーは企業ネットワーク防御の 80% 以上を回避できることになります。 サイバー攻撃を阻止するため、組織は暗号化トラフィックの実態を見抜く必要があり ますが、そのためには、送受信するSSLトラフィックを復号化できる専用セキュリティ プラットフォームが必要です。

お客様の情報をご入力ください。